HOME / 採用情報 / 制度紹介

制度紹介

教育研修制度

ソニー生命には、社員一人ひとりが仕事を通じて成長し、個性を十分に発揮して活躍していくための充実した教育研修制度があります。また多くの経験を得られる機会をつくることで、自分らしいキャリアを自分で実現していくための支援制度を整えています。

階層別教育制度

各階層の役割に応じて求められる知識や能力を習得することを目的とした階層別教育制度を整えています。リーダーシップ、マネジメント、キャリア形成支援、グローバルビジネススキルなど、自分自身をステップアップさせていくための幅広い研修プログラムを揃えています。

研修体系(一部抜粋)

イメージ図

新人研修制度

ソニー生命社員としての使命・役割への理解を深めるとともに、企業人・組織人としての基本的な行動スキルの醸成、生命保険の基礎知識を習得するための各種研修を行います。

初年度研修の流れ

イメージ図

キャリア形成支援制度

ソニー生命の将来を担うコアな人材の育成に向けて、自分らしいキャリア形成を実現していくことを目的とした支援制度があります。

  • NAP(ニューカマーアシストプログラム)

    入社後1年間、若手社員一人ひとりを先輩社員がアシスタント(メンター)としてサポートし、仕事やキャリア、会社生活についての相談に対応します。

  • 3年ローテーション制度

    ソニー生命の成長戦略を担い、組織の枠を越えて主体的に活動できるコア人材を育成するため、各部署配属後3年、6年毎に部署を異動するジョブローテーションを実施しています。

  • 社内留学制度

    本社社員を対象に、他部署の業務を短期間体験できる社内留学制度を実施しています。社員のキャリア形成の明確化をはじめ、業務における新たな視点の獲得や能力・スキル・知識の向上、部門間における理解・コミュニケーションの向上を目的としています。

  • 社内公募制度

    各部門における人材の募集情報を社内に公開し、新しい仕事へのチャレンジを支援する仕組として、社内公募制度を実施しています。部門が求める条件を満たしていれば、自ら応募することができます。

  • 社員意識調査

    組織活動や職場風土に対する社員の声を集め、会社として取り組むべき課題を導き出し、適切な施策を実行するための取組として、年に1回実施しています。また、ソニーフィナンシャルグループ各社と合同で実施することによりグループシナジー強化にも役立てています。

  • 自己申告制度

    社員がキャリアの振り返りを通じて、今後のキャリアビジョンを明確化するとともに、会社として社員のビジョン実現をバックアップするための成長支援施策として実施しています。

PAGETOP