HOME / 人を知る / 社員インタビュー / マーケティング部 マーケティングクラブ推進課 武藤 千春

お客さまをイメージし
心に寄り添う広告を企画する
一人でも多くのお客さまと
ライフプランナーをつなぐために

マーケティング部 マーケティングクラブ推進課

武藤 千春Chiharu Muto

2015年入社

経営学部 市場経営学科

部署紹介をみる

な仕事

広告を通して、お客さまと
ライフプランナーの接点をつくりだす

広告出稿や、広告で使用するキャラクターに関する業務を担当しています。広告出稿業務では、PRする商品やターゲットとなるお客さまを考え、広告代理店と協力して、広告の制作から出稿後の効果検証まで行っています。
通常、ライフプランナーは既にご契約いただいているお客さまからご紹介をいただくことで、新たなお客さまとお会いしますが、ライフプランナーと出会う機会のないお客さまもいらっしゃいます。広告出稿の意義は、世代やライフステージを越え、お客さまとライフプランナーを結ぶ点にあると思います。広告を通してお客さまとライフプランナーの接点を増やすことが私の使命です。

社の動機

お客さまに本気で寄り添って働けると感じた

私が入社を決めた理由は「生命保険に魅力を感じたこと」、そして「ソニー生命なら、本当にお客さまのお役に立てる仕事ができる」と思ったからです。ソニー生命の会社説明会に参加した際、「生命保険に加入していただくことが目的ではなく、お客さまに安心をご提供することが大切なのだ」というメッセージに心を打たれました。そして、人の幸せは気持ちだけではなく、経済的環境にも左右されることを改めて考え、生命保険の必要性を感じました。また、ライフプランナーという確かな知識を持ったプロフェッショナルが、お客さま一人ひとりと向き合うことで、会社のビジョンを実現しているという点からも、「この会社なら、人の幸せの実現に本気で寄り添って仕事ができる」と考え、入社を決めました。

切なもののために

お客さまの気持ちと
立場に寄り添った生命保険を

私の仕事は生命保険の入口にあたります。そのため、「生命保険の必要性を感じながらも一歩踏み出せないお客さまに対し、どのような情報を提供すればよいのか」「世代やライフステージによって、どのような不安・心配事を抱えているのか」など、常にお客さまの立場や気持ちに寄り添うことを心がけています。病気や事故など、不測の事態が発生するリスクはゼロではありませんし、社会に出て家庭をもつなど、年齢を重ねるごとに、ライフスタイルも変化し、必要な生命保険も変わります。そのうえで、どのようなライフプランを立てているかをイメージし、心に響く広告をお届けする――。それが一番大切なことであり、この仕事の楽しさだと思います。

1日の流れ

  • 09:00 出社

    メールやスケジュールの確認・電話対応

  • 10:00 デスクワーク

    広告の反響を計測。効果検証のためのデータ確認

  • 11:20 昼休み

    課のメンバーとランチ

  • 12:30 ミーティング

    新企画についてチームで相談

  • 14:00 打ち合わせ

    広告代理店との打ち合わせ

  • 16:00 デスクワーク

    稟議書や、打ち合わせの資料作成

  • 19:00 退社

    明日のタスクを確認して退社

CAREER FLOW

  • 2015年

    入社。現在のマーケティングクラブ推進課に配属。

のキャリアビジョン

現在、在籍しているマーケティング部では、広告を通じてお客さまへ当社の魅力を伝えていますが、将来的には自らの知識や経験をもって人を育て、当社の魅力を社会に広く発信したいという思いがあります。業務や生命保険の幅広い知識を身につけ、採用や育成の仕事に携わることで、当社の発展に貢献したいと思っています。

性のキャリアサポートについて

結婚・出産後もいきいきと働いている女性社員が多く、働きやすい環境だと思います。短時間勤務や育児休暇などの制度が充実しており、仕事とプライベートを両立させて活躍している先輩社員たちを、周囲がサポートする環境もあります。

前へ
社員一覧へ
次へ