HOME / 人を知る / 社員インタビュー / 運用管理部 運用業務課 横尾 優美

お客さまの大切な保険料をお預かりし、
正確・安定的な資産運用を実行。
お客さまとの「遠い約束」を
確実に果たすために

運用管理部 運用業務課

横尾 優美Yumi Yokoo

2010年入社

法学部 地球環境法学科

部署紹介をみる

な仕事

安定的な運用を行うために、
必要な知識を一つひとつ積み重ねていく

当社では、将来のお客さまへの保険金・給付金のお支払いを確実に行うために、お客さまからお預かりしている保険料を、国債や株式などの有価証券に投資して、安定的なリターンを得られるように運用を行っています。私が担当しているのは、取引後に発生する有価証券や資金の受け渡し(決済業務)、会計・税務処理、取引データの入力・管理などのバックオフィス業務です。
お客さまからお預かりした資産を安定的に運用していくためには、私たちの正確かつ安定的な事務が必要不可欠となり、業務に必要な知識も多岐にわたります。私たちには、その知識一つひとつを、実業務の積み重ねや社内外で行われる研修を通じて蓄積していくことが求められます。また、日常的に業務効率の向上を図ったり、新商品のリリースに向けた調整など、業務内容が絶えず変化することから、柔軟な対応も求められます。

社の動機

「本当にお客さまのお役に立つ仕事」
ができる会社

私がソニー生命への入社を決めた理由は、ビジネスモデルに魅力を感じたことと、「この会社なら、本当にお客さまのお役に立てる仕事ができる」と思うことができたからです。
就職活動では、誰にでも訪れる“万一”の時に、ご加入されたお客さまやそのご家族の想い・人生を支えることができる生命保険に魅力を感じ、生命保険業界を中心に様々な会社の説明会に参加しました。その中で、「ライフプランナー」という専門家がオーダーメイドの生命保険をお客さまに提供している、ソニー生命に出会いました。家族構成や将来のプランが違えば、保障に対するニードも異なります。オーダーメイドの生命保険を提供し、総合的なコンサルティングを行っているソニー生命なら、「お客さまのご要望に合わせた価値を提供できるのではないか」、「お客さまを生涯に渡ってサポートできるのではないか」と考え、志望しました。
また、入社前に社員の方から「風通しが良く、質問や意見が言いやすい雰囲気だ」とお聞きしていましたが、入社後はその言葉を改めて実感しています。また、オンオフの切り替えがしっかりしており、仕事もプライベートも全力投球している人が多いので、社員がいきいきと働いている印象が強いです。

切なもののために

専門性を高めながら、
事務の正確性や安定性を向上させる

資産を健全かつ安定的に運用することは、お客さまの会社に対する信頼感・安心感につながると同時に、将来の保険金・給付金を確実にお支払いするという責任を果たしていくための、重要な業務の一つです。すべての業務を正確に行い、お客さまの資産をお守りすることが私たちの役割です。また、この業務を行うには、高い専門性が必要となります。専門知識が高まるにつれて、より高度な業務を任せてもらえるようになると、自身の成長とやりがいを強く実感できます。
現在私が携わっている業務は、事務的な業務が大半を占めますが、その結果はお客さまに大きな影響を与えることとなります。そのため事務の正確性や安定性をさらに向上させるために、より効率的な事務フローを構築したり、それに合わせたマニュアルやツールを作成することで、お客さまにご迷惑をかけることがないよう、確実な業務遂行に努めています。

1日の流れ

  • 08:30 出社

    メールチェック及びスケジュール確認

  • 08:40 デスクワーク

    デイリーで発生する有価証券や資金繰りに関連する業務を行う

  • 11:30 昼休み
  • 12:30 デスクワーク

    新しい制度や投資商品に対応するためのミーティングに参加したり、方針を策定する業務を行う

  • 15:30 退社

    明日のスケジュールを確認 退社
    育児のため、短時間勤務制度を利用している

CAREER FLOW

  • 2010年

    入社。全体研修の後、カスタマーセンター管理課に仮配属。カスタマーセンターでお客さまからのお問い合わせへの対応や、書類を発送する業務を行う。

  • 2010年

    財務部財務1課に本配属。一般勘定の資産運用業務として、有価証券取引の執行や投資環境の分析等の業務に携わる。

  • 2012年

    財務部財務2課に異動。特別勘定の運用や変額保険に関するディスクロージャー資料の作成等に携わる。

  • 2013年〜2015年

    運用管理部運用業務課に異動。有価証券や運用に関する資金・データの管理、決済、会計処理等を行う。

  • 2016年

    出産に伴い、産休育休を取得。

  • 2017年

    復職。産休前と同じ部署に配属となり、同様の業務を行っている。

のキャリアビジョン

私は以前、財務部で投資の意思決定・実行に関する業務に携わり、現在は投資を行った後の有価証券の処理を行っています。このような投資に関する一連の業務を経験している社員はまだ数が少ないことから、さらに知識を深め、全体的な視点から運用に関わる業務全般の改善を図る仕事に携わりたいと考えています。将来的には、お客さまとの「遠い約束」を確実に果たすために、保険料を着実に運用・管理できる資産運用のスペシャリストになりたいと考えています。

性のキャリアサポートについて

現在、育児のため、短時間勤務制度を利用して15時半に退社し、保育園のお迎えに行っています。
子どもの急な発熱等でお休みをすることもありますが、周囲の方々にサポートしていただきながら、出産前と同じやりがいのある業務を担当しています。
仕事と育児を両立させて活躍している先輩が非常に多く、出産後も女性としてのキャリアビジョンを描きやすいです。

前へ
社員一覧へ
次へ