HOME / 人を知る / 社員インタビュー / ライフプランナー推進部 支社営業推進課 田部 仁史

ライフプランナーの教育体制構築から
プロモーション企画・運営へ
さまざまな業務を通して
「お客さまのために」を形にする

ライフプランナー推進部 支社営業推進課

田部 仁史Hitoshi Tanabe

2005年入社

政治経済学部 政治学科

部署紹介をみる

な仕事

ライフプランナーのモチベーションを
高めるためのプロモーション

私は営業教育部でライフプランナー向け教材の制作や教育体制構築を経験した後、現在は支社営業推進課にてライフプランナーと営業所長、支社長の活動を推進する営業プロモーションの企画・運営に携わっています。いかに全国のライフプランナーのモチベーションを向上させることができるか、さまざまな角度から検証して実行に移すのが私たちの役割です。

社の動機

社員の「本気」の想いと
人柄に触れたことで入社を決意

就職活動で多数の企業の説明会に参加する中で、ソニー生命の社員からは「どうすれば本当の意味でお客さまのお役に立てる生命保険を提供できるのか」を本気で考えていることが伝わってきました。また、オーダーメイドの生命保険やライフプランナー制度などによって徹底的に「質」にこだわる会社の姿勢に共感しました。そして何より、社員がそうしたこだわりを熱心に伝えてくれたことで「この会社に入りたい」と思うようになったのです。
その印象が、実際に仕事を始めてからも変わらなかったことに驚きました。「お客さまのために」という想いは、当社のどの部署でも共通しています。

切なもののために

プロモーション企画の立場から
「お客さまのために」を考える

表彰基準を定める際には、過去のデータを検証し、以前のプロモーションがどのような成果に結びついたのかを分析したうえで、基準の見直しを行います。それらに外部環境の変化や他社との競争といった要素を加味し、時期や環境に合った最適な基準を設定しなければなりません。また「お客さまのために」という想いをより具現化していくために、新たな表彰基準の設定にも取り組んでいます。
例えば、契約件数以外の指標についても積極的に評価を行い、提供した保障額を表彰基準とした「遠い約束プロジェクト」を始めました。お預かりしたご契約はお客さまとソニー生命の「遠い約束」であり、それを確実に果たすことが当社の役割です。ライフプランナー一人ひとりがこの想いを形にできるように、この「遠い約束プロジェクト」を始め、推進しているのです。
私たちの業務はライフプランナーを通じて、常に「何がお客さまのためになるか」を追求していく仕事です。

1日の流れ

  • 08:50 出社

    メールチェックと返信、スケジュール確認

  • 09:30 ミーティング

    来年度のプロモーション施策の検討

  • 11:30 昼休み

    課のメンバーとランチ

  • 12:30 電話対応

    支社からの問い合わせ対応

  • 13:00 課会

    課内の情報共有、各自の業務の進捗確認、勉強会など

  • 15:00 来客

    打ち合わせ

  • 17:00 資料作成

    会議で施策の進捗報告をするための資料を作成

  • 18:00 来客

    打ち合わせ

  • 19:00 退社

    明日のスケジュールを確認し退社

CAREER FLOW

  • 2005年

    入社。営業教育部配属。ビデオニュースや社内報の制作、社内用教材の制作や教育体制の企画にも携わる。

  • 2012年

    ライフプランナー推進部 支社営業推進課に異動。

のキャリアビジョン

これまでライフプランナーの教育や営業プロモーションなど幅広い業務に携わってきた経験を生かし、ライフプランナーの存在をさらに社会に周知、浸透させるべく、広告宣伝の業務に携わりたいと考えています。

前へ
社員一覧へ
次へ