HOME / 人を知る / 社員インタビュー / IS管理部 IS品質管理課 森原 宏明

安定した運用だけでなく、
新しいシステムづくりにも挑戦。
情報システムの利便化で、
サービス向上を目指す

IS管理部 IS品質管理課

森原 宏明Hiroaki Morihara

2014年入社

経済学部 経営情報学科

部署紹介をみる

な仕事

質の高いサービスの提供のために
より安定した情報システムの運用を目指す

安定したサービスをお客さまに提供するための情報システムは、今や保険会社において必要不可欠なものです。私が担当する業務は情報システムに関する改善であり、大きく分けると次の2つになります。1つは、情報システム品質の“見える化”への取組です。評価指数の整備や障害情報を収集し、社内に開示することで、システム部門における品質目標の達成状況をあらゆる部門の社員が把握することができます。もう1つは、情報システムにおける障害の分析や再発防止策の立案です。こちらは、実際にシステムを開発・運用する社員へのヒアリングを行い、システム障害を削減するための改善活動を進めています。いずれも情報システムの安定運用には必要不可欠な業務であるといえます。

社の動機

お客さまに真摯に向き合う姿勢が伝わり、
その思いに共感

私が生命保険会社で働くことに興味を持ったのは、企業研究を行う中で、生命保険は万一のときの“生活保障”として社会に役立つ商品であることを知り、「生命保険を通して社会に貢献できる仕事をしたい」と考えるようになったからです。
その中でも、お客さまを第一に考え、真摯に向き合う姿勢を感じられたのがソニー生命です。人事の方や先輩社員と話していても、“お客さまのために”を本気で考えていることが伝わってきたため、この会社で働きたいと思うようになりました。また、お客さまにとって本当に必要な保険を設計する“ライフプランニング”、そのプランを実現するために人生の伴走者として活躍する“ライフプランナー”の存在に感銘を受けたことも、入社の理由の一つです。

切なもののために

生命保険会社に欠かせないITサービス。
視野を広く、よりよいシステムをつくっていきます

生命保険会社におけるIT技術の役割は、今後ますます拡大していく傾向にあります。私の使命は、より質の高い安定したシステムを提供することで、お客さまにソニー生命の各種サービスをより快適にご利用いただくことです。これが、お客さまの満足度向上、そして「日本中のお客さまを一生涯お守りする」という会社の目標につながるものと考えています。
目に見えるカタチになりにくい品質向上への取組や、社内外への情報発信は、決まりきった定例業務にしてしまうと、すぐに形骸化してしまいます。だからこそ、スピード感と創意工夫に満ちた新しいアイデアを大切にし、ITサービス向上への取組を推進・実行していきたいと考えています。

1日の流れ

  • 08:30 出社

    メールチェック、メール返信及びスケジュール確認

  • 09:00 デスクワーク

    システムの情報収集

  • 11:40 昼休み

    同僚と昼食

  • 12:40 デスクワーク

    システムの情報収集

  • 15:00 ミーティング

    障害分析や品質の強化について

  • 16:00 ミーティング

    過去のシステム障害について担当者にヒアリング

  • 17:00 ミーティング

    システムの分析・改善検討

  • 19:00 退社

    明日のスケジュールを確認

CAREER FLOW

  • 2014年

    入社。IT戦略本部IS管理課に配属。IT戦略本部内に、システム障害件数概況や開発生産性を開示する業務に携わる。

  • 2014年

    IS管理部IS品質管理課に異動。
    IT戦略本部内に対して、システム障害件数概況や開発生産性の開示を行うだけでなく、システム品質強化の支援も行う。新設部署であるため、メンバー一丸となって一つひとつの業務に取り組んでいる。

のキャリアビジョン

情報システムの品質や、生産性に関する情報を一元管理する仕組を構築し、効率的にITシステム情報を分析できる態勢をつくりあげていきたいと考えています。また、会社全体の改善活動やIT技術を活用したより快適なサービスを提供していくために、情報システム戦略やシステム投資計画を策定する業務に携わっていきたいと考えています。

前へ
社員一覧へ
次へ